生理痛緩和の方法にはどのようなものがあるか

生理痛緩和の方法には様々なものがあります。まずは、自分の生理痛がどのような原因で起こっているかを確かめることが重要です。原因によって、緩和方法が違ってくるからです。

生理の時の出血量がとても多くて生理痛がひどい場合や、生理周期が安定せずに生理痛が重い場合には、女性ホルモンのバランスが崩れて生理痛が重くなっている場合があります。生理の時の出血は、厚くなった子宮内膜が剥がれおちたものです。ホルモンの分泌量が安定せずに、子宮内膜が厚くなりすぎると出血量が多く生理痛が重くなります。また、生理周期も女性ホルモンによって決まってきます。安定した周期で女性ホルモンが変化していかないと、決まった周期で生理がきません。周期が安定しないことで子宮内膜が厚くなりすぎたりするので、これも生理痛が重くなる原因になります。

ピル

女性ホルモンのバランスが原因の場合、生理痛緩和方法はピルを使用することが効果的です。ピルを使うことで体内の女性ホルモンのバランスが乱れにくくなります。そして、ピルには子宮内膜を厚くしないような作用があるので、出血量が少なくなります。出血量が少なくなれば、生理痛緩和が期待できます。また、生理周期も安定するので、生理が不規則な人にもおすすめです。

国内で手に入るピルはいくつかの種類がありますが、トリキュラーや、マーベロンがおすすめです。ふたつとも人気の高いピルです。トリキュラーはホルモン量が変化する仕組みになっている3相性ピルです。マーベロンは、ホルモン量が常に一定量の1相性ピルです。どちらも同じように、毎日決まった時間に内服をして、休薬期間に生理の代わりとなる出血が見られるものになっています。飲み忘れなければ十分な効果が期待できます。

トリキュラーやマーベロンなど低用量ピルは通販サイトから購入できます。詳しくはこちらをご覧下さい。

生理痛緩和|@通販

運動

生理痛緩和方法には、運動も効果的です。運動することで、体内の血液のめぐりが良くなり冷えの解消につながります。また、運動をすることで体内のエンドルフィンの量が減り、身体の緊張をほぐす作用があります。体が緊張していると血管が収縮して、血液のめぐりが悪くなってしまいます。血流が悪いことや、身体が冷えてしまうことは生理痛を悪化させる要因です。運動不足の人や、身体が冷えて生理痛が辛い人は、軽い運動をすることで生理痛緩和ができるかもしれません。

漢方薬

生理痛には漢方薬が良く効くことがあります。漢方薬は痛みなどの症状に対して使うものではなく、痛みのある人の体質そのものを改善させる働きがあります。体質は、なにかに偏り過ぎていると変調をきたします。その偏り過ぎている体質を正常に戻す作用が漢方薬にはあります。体質そのものを整えることで、生理痛緩和ができます。

痛み止め(市販薬)

どうしても生理痛がひどくて、日常生活に支障をきたしてしまう場合には、市販薬を使うという方法もあります。市販薬の痛み止めを服用することで、何時間かは痛みを抑えることができます。必ず、決まった間隔をあけて使わなくてはいけませんが、強すぎる痛みから解放されます。どうしても痛みが治まらない時は市販薬を使ってみましょう。

ツボ

また、生理痛緩和にはツボを押すという方法もあります。ツボを押すともともと持っている自然治癒力を高める効果があると言われています。子宮のあるゆるトラブルを解消するという三陰交というツボが効果的です。うちくるぶしから指4本分上にあります。ひざの内側から指3本分上にある血海というツボも生理痛緩和に効くと言われています。ツボをゆっくりと押してみましょう。

マッサージで生理痛が緩和される?

生理痛には様々な原因がありますが、血流が悪くなっていると生理痛が重くなりがちです。そのような時にはマッサージをすることで、生理痛緩和ができます。

マッサージは痛みの強い部位に優しく行うとよいでしょう。お腹が痛い場合には、横になっておへそのあたりから、円を描くようにマッサージします。自分が気持ち良いと感じる強さで行いましょう。しばらく続けていると、お腹がぽかぽかと暖かく感じてくるはずです。横になって行うのが辛い場合には、座った姿勢で行いましょう。力を抜いてリラックスすることが大切です。ゆっくりと息を吸ったり吐いたりしながら行うと気持ちが良いと思います。

腰が痛い場合には、お腹と同じように痛い部位を中心にマッサージしましょう。腰が痛い時には、腰をゆっくりと伸ばしながらマッサージする方法もおすすめです。同じ姿勢を続けていると、腰の血流が悪くなっているので、腰を伸ばしたり曲げたりしながらマッサージすることで効果が上がります。

頭が痛い時には、痛い部位を優しく押したりさすったりしてマッサージしましょう。首も凝っていることが多いので、首をゆっくり回したりマッサージすると頭痛が軽減することがあります。目をつぶって力を抜いて行うと気持ちが良いと思います。

生理中は肌が敏感になっていることがあるので、新しいクリームなどを使う時には肌に合っているか確認したから使ったほうがいいでしょう。マッサージは強くし過ぎずに、優しく行うことが基本です。また、マッサージでリラックスすることも生理痛緩和に効果があるので、ゆったりとした気持ちで行いましょう。