生理不順の際は激安ピルは服用厳禁

ピルはもともとゴムと合わせて服用することで避難効果を高めるものですが、生理不順になってしまった場合は体への影響が大きいので一旦服用はやめましょう。
また、最近増えている激安ピルと呼ばれるものですがこういったものが一番女性ホルモンの乱れを誘発する可能性が高いです。
2000円から3000円程度で販売されているものも多く学生や若い世代にも買いやすいですが、避難効果を高める成分はあるものの体への負担は大きく、生理不順の時に飲んでしまうとより不順にしてしまう恐れがあります。
また、激安ピルはそもそも避難という目的はあるものの若い世代のように体力や免疫力がないと体調を崩してしまうことも多いです。
可能であれば、産婦人科で服用されるピルを摂取量をきちんと守って服用することをおすすめします。
そのため、生理不順になった場合は日頃の生活を見直すことから始めるのが意外と近道だったりします。
適度な運動きちんと3食とって、7時間以上睡眠をとり、適度な運動をして、過度なストレスは避けるようにしましょう。
もし、ストレスが職場や学校が原因で避けることができない、という場合は思い切って環境を変えるのも1つの手です。
楽しいことや趣味をもって、ストレスフリーな環境にすればもとの体に戻るということも少なくありません。
理不順に効く食べ物やツボなどもありますので、そういったものを把握することをおすすめします。
激安ピルに関しては実際に個人輸入など、安い理由があればいいですが、それ以外で怪しく売られているものは注意が必要です。