生理不順に効果のある亜鉛を食べるには

亜鉛は人の体内に必要不可欠な必須ミネラルの1つで、タンパク質の合成や骨の発育などに必要とされる成分です。
亜鉛が不足してしまうと、発育不全や味覚障害、機能性障害、免疫力の低下などを引き起こすことがあると言われています。
また、亜鉛にはホルモンを正常に機能させる働きもあります。
亜鉛は、卵巣から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンに働きかけて分泌を促します。
プロゲステロンは排卵を促したり、受精卵が着床しやすい状態に整えて、妊娠を継続させる働きを持つホルモンです。
エストロゲンは、月経が終わる頃から排卵前にかけて多く分泌されるホルモンで、卵胞を育てたり子宮の内膜を厚くして妊娠できるよう準備をする働きを持っています。
エストロゲンには、美肌をつくる働きもあるとされ、女性らしさをつくるホルモンと言われています。
のため、亜鉛が不足してしまうと生理不順を招いたり、不妊症になってしまうことがあります。
また、亜鉛には抗酸化作用もあり、体内にある活性酸素を取り除く働きもしてくれます。活性酸素は卵子の老化を引き起こす原因になりますから、卵子の老化を防ぐ効果が期待できます。
生理不順を改善するには、亜鉛を多く含む食べ物を摂取するのが効果的です。
牡蠣一番、含有量が多いのは牡蠣ですが、牛もも肉や豚レバー、うなぎ、チーズ、アーモンド、卵黄、ごま、アーモンド、大豆、納豆などにも含まれています。
牡蠣はスーパーマーケットなどで売られていますし、飲食店などでも食べられるのでおすすめです。
牡蠣が苦手だという人は、それ以外の食品を組み合わせるか、サプリメントなどで摂取する方法もあります。