生理不順で痛みが移動?自律神経のバランスに注意

甘酒女性なら誰でもある生理の時に痛みがひどかったり、生理の周期が一定しない生理不順が続いている場合、毎回の生理が怖くなってしまうほど、生理がつらくて悩んでいることがあります。
生理前から頭痛や吐き気、腰痛や腹痛、気分のアップダウンが激しくいらいらしてしまうなどのPMSの症状が強く出たり、生理になると激しい腹痛や腰痛、足や背中などまで傷みが広がってしまう人もいます。
生理不順で、痛みが移動し、周期も痛みも一定しないという人は、PMSの症状が強く出る場合が多く、ひと月の半分以上も生理にかかわる不調で苦しんだり、逆に30日や40日を超えても生理が来なかったりすると、自分の体が心配になってしまいます。
この場合、自律神経のバランスが乱れて、ホルモンバランスも乱れている可能性があるので注意が必要です。
女性は、特に自律神経のバランスが乱れやすいことが知られており、ストレスや疲労の蓄積、寝不足などが続くと自律神経のバランスが崩れ、精神的にも肉体的にも健康を保ちにくくなります。
原因が分からない不調やいらいらが出やすくなったり、生理周期が乱れ、生理前や生理の症状が一定せず強く出ることがあるのです。
自律神経のバランスを整えるためには、体をゆっくりと休めることと栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。
おすすめなのが飲む点滴と言われている栄養豊富な甘酒とイソフラボンが豊富な豆乳です。
甘酒と豆乳を1対1の割合で混ぜたものを一日1杯飲むことで、体に必要なアミノ酸やビタミン、ブドウ糖などを補給することができ、食物繊維やイソフラボンも含まれているため、体の調子や自律神経のバランスを整え、女性特有の悩みの軽減をサポートしてくれると話題になっています。